© All Rights Reserved, Copyright(c) 2019, JAPAN SPORT COUNCIL

Global Coach Conference *登壇者

*登壇者に付きまして予定であり、変更になる可能性がございます。

-Session 1-

​Session Details are Subject to change

10/30 10:30 to 11:30

コーチングのスタイル、

コーチングのアプローチ

(パネルディスカッション)

コーチングのアプローチやスタイルの見つけ方、その実践方法は何か。

周囲のコーチやコーチングスタッフの育成・協働を如何に考え、実践しているか。

自身のコーチングをどのように振り返るか、他者のコーチングをどのように見ているか

- John Atkinson -

カナダ水泳連盟

ナショナルハイパフォーマンスディレクター

ナショナルコーチ

- Audrey Cooper -​

Head of Women’s Coach

Development, FA

- Pia Sundhage -

ブラジル代表女子サッカーチーム

コーチ

-Session 2-

Session Details are Subject to change

10/30 13:30 to 14:30

異文化の中での挑戦

(パネルディスカッション)

自国を離れ、海外のナショナルチームで活動する中で生まれるコーチ自身の成長やコーチングの変化とは何か。

何がコーチを成長させるか。

コーチ自身が成長する上で何が求められるか。

- Mayuko Fujiki -

スペイン代表アーティスティック

スイミングチーム ヘッドコーチ

- Yuko Fujii -

ブラジル代表男子柔道チーム

ヘッドコーチ

- Yuriko Saeki -

ビジャレアルCF(スペイン)

育成部

-Session 3-

Session Details are subject to change

10/30 15:30 to 16:30

武道とコーチングの接点

国内外の視点から武道(柔道)をみる場合のコーチングとは何か。

 

何が同じで、何が異なるのか

- Haruki Uemura -

講道館 館長

-Session 4-

Session Details are subject to change

11/01 10:00 to 11:00

アーティスティック

パフォーマンスと卓越性

シルク・ド・ソレイユで求められるパフォーマンスとは何か。

パフォーマンスをどのように評価するか。

パフォーマーの心身の状況を如何に管理する

- Matthew Sparkes -

シルク・ド・ソレイユ シニア・アドバイザー

(コーチング・  パフォーマンスコンテンツ

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon